サイトがうまく表示されない恐れがありますので、最新のブラウザーをお使いください

お知らせ

第15回「広島の楽器な100人」の見どころとは?

2017.01.25

第15回チラシ画像

第15回のテーマは「広島の楽器な100人」、日本ではなかなかお目にかかれない、珍しい楽器の
奏者がずらりと一堂に会します。

今回は、いわゆる”珍しさ”を一つの売りにしているわけですが、最近はすっかり便利な時代になり、
この度登場する楽器たちも、ネットで少し調べれば動画もたくさん出てきます。
どんな物なのかをイメージすることは、実は簡単です(笑)

それでも敢えてこのイベントに参加する価値とは、いったいどこにあるのでしょう?
もう一度考えてみました。

その空間にいるからこそ、わかること
空気から直接伝わってくる楽器独自の振動だったり、醸し出される雰囲気だったり…五感で
受け取れる情報は、日々忙しく過ごしている現代人にとって、少なくなっているのでは
ないでしょうか?
ちょっとした時間でも、喧騒を忘れ音の世界に耳を傾けてみると、非日常的な感覚に
浸れるかもしれません。

楽器たちの紡ぐ縁
普通ではおそらく出会うことがない、海外の離れた場所で発祥し、独自に受け継がれてきた楽器たち。
なぜか縁あって一所に集まることに。
それぞれの楽器が一緒になることで初めて際立つ違い、あるいは類似点など、どれだけの気づきを
得ることができるのかは、人それぞれ。
今回は、トークライブでも各楽器の短い演奏を予定しています。もし、オフトークで全ての楽器に
よるセッションが実現すれば、さらにその魅力を身近に感じられること間違いなしです!

4楽器の奏者のお話
この度のイベントの独自性から、うっかり忘れそうになりますが、「広島の楽器な100人」も
もちろんトークイベント、単なるコンサートではありません。
数ある楽器の中から、なぜ敢えて珍しい海外の楽器を演奏しようと思ったのか、楽器との出会いや
想いなど、その楽器の魅力を誰よりもよく知る皆さんのお話をじっくりと聞くことができる貴重な
機会です。もしかしたら、自分もやってみたいなと思えてくるかもしれませんね。

 

ざっと、私が考えた見どころはこの3つですが、ご来場いただく方々によって、楽しみにされている
ポイントは十人十色だと思います。
堅苦しくなく、どなたでもお楽しみいただける内容ですので、ぜひ気軽に楽器たちの音を楽しみに
いらしてください☆

お申し込みは下記のいずれかで